ブログ

井尻野の家 モデルハウス上棟式

11/23(土)にこの度、来年春前頃にオープン予定の井尻野の家モデルハウスの上棟式を行いました。

※上棟式とは、柱・棟・梁などの骨組みまで終了したところで行う儀式で、着工から無事に棟を上がった事に喜び、感謝する儀式で、今後の工事の安全を祈願し、関係者のコミュニケーションをとる場でもあります。

当日の朝は着工を行う前に、建物の四方に酒・塩をまいて清めました。

午前中で一階の柱工事は全て終わり、午後からは2階に取り掛かりました。

夕方には屋根まで終わり、遂に骨組みが出来上がりました!

その後、スタッフと職人さんとで上棟式を行い、ここまで無事に工事が進んだ事への感謝と、完成を祈願しました。

当日は、暦では「天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)」と言われ、暦の上で最上の吉日である日に加え、「甲子の日(きのえねのひ・こうしのひ・かっしのひ)」と言われ、「長く続けたい物事はこの日に始めると良い」「この日から始めたことは良い流れを持ち続く」「この日に行動を起こすと運が良い流れになる」などと言われています。どちらも年に6回程しかない縁起の良い日が重なり、最高の上棟式日和となりました。

マシュハウスにとって、初めてのモデルハウスの建築を、とても縁起の良い日に無事上棟式を行う事が出来ました。

また、本日より構造見学会も行なっておりますので、ご来場いただき、マシュハウスの家をご覧いただければと思います。

ブログ一覧へ

来場予約はこちらから来場予約はこちらから